ニキビ跡が色素沈着になる前に気をつけよう!原因とケア方法

茶色くシミのようなニキビ跡って誰しもできれば避けたいものです。

 

ニキビ跡が色素沈着すると、治りづらくなってしまうので
そうなる前に早めにケアして色素沈着を防ぎましょう。

 

ニキビ跡が色素沈着する原因は、ニキビが炎症を起こしたときにメラニンが活発に働くため。

 

メラニンというと紫外線などをイメージするかと思いますが、
ニキビの炎症によって肌がダメージを受けた時にもメラニンは発生してしまいます。
このメラニンの働きによって色素沈着が起きてしまうんです。

 

ニキビ跡が色素沈着するのを防ぐには、スキンケア商品の選び方がポイントです。

 

日焼けしたときのケアと同様、ニキビ跡の色素沈着にも
ビタミンCやプラセンタなどが配合された商品がオススメです。

 

ニキビ跡向け化粧水リプロスキンの口コミを見る

 

ビタミンCやプラセンタには、肌に浸透してメラニンの抑制をしてくれる作用があるので
毎日しっかりケアをすることでシミのような跡を、徐々に薄くする効果があります。

 

しかし色素沈着はすぐには効果が表れないため、
ケアは毎日続けなければいけません。

 

だんだん薄くなっていくので、頑張ってケアを続けるようにしましょう。

 

こちらの記事も読まれています。