ニキビの薬など皮膚科での治療方法記事一覧

子供の思春期ニキビをどうにかしてあげたいと思ったときに薬を使おうと思う方が多いのではないでしょうか?ドラッグストアなどで簡単に買える塗り薬や皮膚科で処方されるものなど、ニキビの薬にも種類があります。市販で購入できるものから皮膚科で処方してもらえる薬まで分かりやすくまとめてみました。ドラックストアなどで買える市販薬オロナインH軟膏、テラ・コートリル、クレアラシル、アクネス25、ビフナイトなどこれらは...

皮膚科で処方される薬が強すぎて使えない…という方に処方されるのが漢方薬です。漢方薬は塗り薬とかのように直接ニキビを治すというものではなく、体の内側からニキビを治していきましょうというものです。漢方薬の種類を分かりやすいように、一覧にまとめてみました。漢方薬について知りたいという方はご覧ください。漢方薬の種類と効果・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)むくみ、冷え性、疲れ、体力低下、貧血、肩こり、ホル...

皮膚科でお医者さんから処方されるニキビ薬の中に、ディフェリンゲルという塗り薬があります。ディフェリンゲルは、多くの国でポピュラーに使われているニキビ薬。ニキビの進行を防いでくれたり、悪化してしまったニキビにも効き目があるので、初期ニキビから炎症を起こしてしまったニキビまで、幅広く使えて人気の薬です。ディフェリンゲルの特徴は、先でも述べたとおり、幅広いニキビに効果があるということです。・ニキビの進行...

ニキビ治療薬のディフェリンゲルを使用すると、およそ8割の人に副作用が現れるそうです。皮膚がヒリヒリしたり、乾燥してしまったり、かゆみや赤みが出てしまったり…。ニキビの治療をするために皮膚科に行ったのに、別の肌トラブルが起きてしまっては意味がないと思ってしまいますよね。でも、ディフェリンゲルだけでなく、効果的な薬には副作用が現れることはよくあります。ディフェリンゲルで副作用が出てしまう原因ニキビのあ...

ディフェリンゲルの副作用には以下のような症状が起こります。副作用が出てしまって不安になっている方はご覧ください。・肌の乾燥・ヒリヒリとした刺激・肌の赤み・かゆみ・皮膚が剥けるほとんどの方がこれらの症状を経験するようです。しばらくすると症状が落ち着いてくるので、問題はありませんが、副作用がひどい場合には、症状に合わせて上手に対処しましょう。ディフェリンゲルで副作用が出たときは?【肌の乾燥】副作用の中...

ダラシンtゲル1%は、抗生物質が主成分のニキビ薬。アクネ菌を抑制して、炎症を沈めてくれる効果があります。ダラシンtゲル1%は、ニキビの状態の中でも炎症が強く、悪化してしまったニキビに特に効果的で、そのまま放っておくと、跡に残ってしまうようなニキビもダラシンtゲル1%を塗ることで、防ぐことができますよ。ダラシンtゲル1%を使うときの副作用・注意点!ダラシンtゲル1%を使用するときには注意が必要です。...