皮膚科で処方されるディフェリンゲルの特徴と副作用!

皮膚科でお医者さんから処方されるニキビ薬の中に、ディフェリンゲルという塗り薬があります。ディフェリンゲルは、多くの国でポピュラーに使われているニキビ薬。ニキビの進行を防いでくれたり、悪化してしまったニキビにも効き目があるので、初期ニキビから炎症を起こしてしまったニキビまで、幅広く使えて人気の薬です。

 

ディフェリンゲルの特徴は、先でも述べたとおり、幅広いニキビに効果があるということです。

 

・ニキビの進行を防ぐ
・毛穴のつまりをとる
・炎症を抑える

 

初期段階だけではなく、炎症を起こしてしまったニキビにも効果的なので悪化してしまった思春期ニキビにも効果が期待できそうですよ。

 

ディフェリンゲルの副作用とは?
ディフェリンゲルを使用すると、3〜4日後に副作用が現れます。乾燥や、ヒリヒリ感などが主な症状ですが、これらはほとんどの人が経験することなのであまり不安にならず、続けて塗り続けることが大切。1日1回、寝る前にディフェリンゲルを塗ると、2週間程度で症状が軽くなってきますよ。

 

ニキビの状態がひどいときには3ヶ月くらい根気強く塗り続けましょう。副作用は初めの数日間だけ。続けて塗り続けると副作用は治まってくるので頑張って続けてみてくださいね。

 

ディフェリンゲルの副作用はどんな症状が起こる?※対処の仕方も紹介!

ディフェリンゲルに関する記事