ディフェリンゲルの副作用はどんな症状が起こる?※対処の仕方も紹介!

ディフェリンゲルの副作用には以下のような症状が起こります。副作用が出てしまって不安になっている方はご覧ください。

 

・肌の乾燥
・ヒリヒリとした刺激
・肌の赤み
・かゆみ
・皮膚が剥ける

 

ほとんどの方がこれらの症状を経験するようです。しばらくすると症状が落ち着いてくるので、問題はありませんが、副作用がひどい場合には、症状に合わせて上手に対処しましょう。

 

ディフェリンゲルで副作用が出たときは?

【肌の乾燥】
副作用の中で、ほとんどの人が経験する症状。乾燥がひどい場合には、保湿力の高い化粧水や保湿液を塗って対処しましょう。

 

【ヒリヒリとした刺激】
刺激の強い化粧品は避るようにしてください。お医者さんに相談をすると、刺激の少ない保湿薬を処方してくれますよ。

 

【肌の赤み】
そんなに心配はいりませんが、あまりにも赤みがひどい場合には用法を変えて、症状を落ち着かせてから再開するということも。

 

【かゆみ】
こちらの副作用がでているときは、皮膚の角質層が薄くなっています。強く掻いてしまうとニキビ跡や傷が残ってしまうので注意しましょう。

 

【皮膚が剥ける】
日焼け後のように、薄く皮膚が剥がれるという症状です。無理やり剥いたりしないで自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。

強く引っかいたり、皮膚を剥いたりすると、ニキビ以外の肌トラブルも起こしてしまいます。しばらくの間ちょっと我慢して、キレイにニキビを治しましょう。

 

ディフェリンゲルを使用しているときは角質が薄くなり乾燥している状態です。そのため保湿力の高いニキビケア化粧水と組み合わせたり、ディフェリンゲルの使用頻度を減らす、塗る面積を少なくするなどの対処をしましょう。

 

子供の思春期ニキビにオススメの化粧水!!※場所別、ニキビ跡!

ディフェリンゲルに関する記事