白ニキビは潰したほうが早く治す?※正しい潰し方を紹介!

白ニキビは軽度なものであれば潰したほうが早く治るということはご存じだったでしょうか?白ニキビを潰す時に注意したいのは雑菌が付着することです。そのため白ニキビを潰す前には手を洗い、コメドプッシャーも消毒しましょう。

 

手でつぶすのはニキビの芯がでないことが多く、余計ニキビを悪化させる可能性もあるので、コメドプッシャーを使うことが理想です。

白ニキビの正しい潰し方

@手や器具を清潔にしておく
ニキビの悪化を防ぐために雑菌が入る恐れのあるものはすべて消毒などをしてください。

 

A針などでニキビの先端に穴をあける
白ニキビの中にある膿やニキビの芯を出すための出口になります。

 

B穴をあけたらコメドプッシャーでニキビの芯を出す
ニキビの芯が出るように皮膚を押します。強すぎない力で2〜3秒押してください。あまり時間をかけすぎると赤く跡が残ってしまいます。ニキビの中心を押さないと出てこないことがあるのでズレたりしないように気を付けてください。

 

Cニキビを押し出したらケアをしましょう
ニキビを押し出した後は化粧水で保湿し、そのあとにオロナインなどのニキビ薬を塗ってください。一時的に血や体液でかさぶたになりますが、数日もすれば自然に剥がれ落ちます。

以上が正しい白ニキビの潰し方です。正しい方法で白ニキビを潰せば早く治りますが、ニキビの芯が残ってしまったり、無理に潰すと悪化することもあるので、潰すときは自己責任で行ってください。自分では不安という方は皮膚科でも潰してもらえます。

 

子供のニキビケア!!親が教える正しいニキビの治し方!洗顔、化粧水に戻る

思春期ニキビを治すのにオススメのニキビ用品