アクネ菌について※どんな特徴&性質があるの?

アクネ菌とニキビの関係性について、きちんと理解していますか?

 

ニキビができるのはアクネ菌のせいってことは知っているのに、アクネ菌がどんな菌なのか知らない方が多いんです。ニキビをこれ以上悪化させないためにも、アクネ菌の特徴や働きについてしっかり知っておきましょう。

アクネ菌ってどんな菌なの?

まず、アクネ菌はニキビ肌にいるというイメージを持たれがちですが誰の肌にでもいる常在菌。ニキビがある・ないに関わらず、すべての人の肌に住み着いている菌なんですよ。アクネ菌は、いつも悪さをするわけではありません。いろんな要因が重なったときに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

肌の角層が厚くなり毛穴が詰まり気味になってしまったとき、アクネ菌は毛穴の中に入り込んでしまいます。毛穴に入ったアクネ菌は、毒性の成分を作りだしてしまい、結果的に炎症になってしまうのです。この炎症がニキビです。

 

アクネ菌が悪さをしにくい肌環境にすること!
ニキビを作らないようにするには、アクネ菌が悪さをしにくい肌状態にすることが重要です。肌細胞の再生が活発で毛穴の詰まりがない肌をキープすることによって、アクネ菌の増殖を防ぐことができますよ。そのためには皮脂ケアと角質ケアが基本です。

 

アクネ菌は菌だから殺菌が重要なように感じますが、殺菌効果のあるものを使うとアクネ菌以外の常在菌も殺菌してしまいお肌のバランスを崩すことあります。きちんとアクネ菌の性質を知って、ニキビのできにくい肌環境を心がけましょう。

 

アクネ菌の増殖を抑える抗菌&抗炎する有効成分