皮脂の分泌が激しい子供の鼻ニキビ※原因と対策

思春期ニキビのできやすいと言われているTゾーン。おでこニキビがポツポツと小さいニキビが多いのに対して、鼻ニキビは大きいニキビが出来ることが多いです。そんな鼻ニキビが出来てしまう原因と対策を紹介します。

鼻にニキビができやすい主な原因

・元々皮脂量が多く、毛穴が深いため。
・無意識に触ってしまい、雑菌が付きやすい。
・紫外線を浴びやすいので刺激を受けやすい。
・ファンデーションによる毛穴の詰まり(女の子)

鼻ニキビはもともと皮脂量が多かったり、毛穴が大きく、深いなどニキビができやすい環境。そこに刺激が加わることによってニキビが悪化してしまうんです。

鼻ニキビの対策&予防方法!!

鼻ニキビを悪化させない、早く治すために出来る対策方法を紹介します。
子供の思春期ニキビ対策(鼻、鼻の脇)

@余分な皮脂をしっかり落とす。
鼻は皮脂量が多く、毛穴も深いのでしっかり洗顔するようにしましょう。鼻の脇は洗うのに鼻の頭はおざなりになっていることもあるので、洗い忘れのないようにしてください。

 

A鼻を意識的に触らないようにする。
勉強中などに無意識に鼻を触っている可能性があるので、触っていたらすぐに止める。意識的に鼻を触らないように心がけましょう。

 

B鼻に刺激を与えない。
鼻の毛穴は汚れなどが目立つので、毛穴パックなどで汚れを取ろうとする子もいますが止めましょう。刺激が強いうえに菌が入って、炎症しやすくなります。

 

C紫外線対策をする。
学校にわざわざ…って思うかもしれませんが、外で部活している子や遊ぶ子は日焼け止めなどをつける対策しましょう。

 

Dファンデーションはなるべく塗らない
早い子だと中学生から化粧に目覚め、ファンデーションを塗る子もいますが、止めましょう。ニキビを隠せるかもしれませんが、お肌に良くないし、ニキビが治りにくくなります。

以上が鼻ニキビに出来る対策&予防方法です。鼻ニキビを早く治すために、これらのことを守って生活していきましょう。

 

子供の思春期ニキビにオススメの化粧水!!※場所別、ニキビ跡

他の部位の原因と対策