子供のニキビと大人のニキビの違いは?

子供の思春期ニキビと大人ニキビって何が違うんですか?

子供の頃のできるニキビと大人の頃にできるニキビでは、そのできる原因が変わってきます。子供の頃のニキビというのは成長ホルモンの分泌によって、過剰に皮脂が出てしまうことが原因のため、多くの子供が悩まされています。

 

大人になってからできるニキビはストレスや生活習慣の乱れなどによってホルモンのバランスが崩れることによってニキビができるのです。

子供の頃に出来るニキビが自然に治ると言われているのは、この成長ホルモンが落ち着くからということなんですね。では子供の頃のニキビはしょうがないからとお子様に諦めさせるのはかわいそうです。

 

親としてしてあげれることとしては、正しい洗顔の方法を教えてあげることだったり、ニキビに効果がある洗顔料や化粧水を使わせてあげること、ひどい場合は病院に連れて行ってあげるなど、できることはたくさんありますよ。

 

子供にとってニキビはかなり深刻な悩みの一つです。お子様のニキビを治すように出来る限り手伝ってあげましょう。

 

 

子供のニキビケア!!親が教える正しいニキビの治し方>>>