赤ニキビの特徴と原因は?※ひどくなる前に治す!!

赤ニキビは、ニキビが炎症を起こしてしまっている状態です。塞がった毛穴の中でアクネ菌が増殖し、赤く腫れてしまうので触れると痛みがある場合もあります。

 

ここまでニキビが進行してしまうと、ニキビ跡が残ってしまったり、色素沈着してしまうこともあります。白ニキビなどと比べても治療に時間がかかってしまうので早めに対策していきましょう。

赤ニキビが出来る原因と治し方

赤ニキビができてしまう原因は免疫力が低下していたり、アレルギー反応を起こしている場合があり、痒みを感じることも多いです。この場合、赤ニキビは体質によるものなので、赤ニキビが出来てしまったときにはできるだけ悪化させないということが大切です。

 

赤ニキビを治すには保湿が大切!
赤ニキビができるのは体質によるところが大きいですが、古い角質が溜まり、皮膚が硬くなったことで皮膚の深いところで炎症してしまうのです。そのため、治すためには化粧水による保湿が大切です。皮膚を柔らかくすることでニキビの芯がでやすい状態し、ターンオーバーを促してニキビ跡にならないようにしましょう。オロナインを塗るのもオススメですよ。

 

子供の思春期ニキビにオススメの化粧水!!※場所別、ニキビ跡

ニキビの種類別原因や治し方